おとめ山公園 ホタル鑑賞会の夕べ

新宿区下落合

落合地域の区民の皆さんが中心になって活動を続けている「『落合蛍』を育てる会」の主催で、
今年で12回目を迎えるそうです。

本日はその「落合蛍」の年一回の一般公開日。
そんな貴重な一日なので、公園に行ってみると思った以上に見学者多し。

整理券をもらい、見学時間まで小一時間あまり。
近所の方以外はどこかで時間をつぶす必要が発生。
高田馬場駅が近いのでそのあたりでぶらぶらするしかないかも。
隣の空地(公園?)にちょっとした露店も出てましたが。

そして見学予定の時間に戻ってみると長蛇の列。
列に並び約20分後にやっと見れました。
でも、見学時間たったの3分くらい。
小さなプレハブのお化け屋敷のような
室内真っ暗なホタル飼育小屋。
1メートル先くらいにホタルはいるんですがそれも檻の中。
真っ暗な中に小さな光がチカチカするだけ。
なんだかこれじゃクリスマスツリーのLEDライトじゃあるまいか。
約一時間半待ってこれだけ?
なんとなく予想はしていたけれどちょっとがっかり。

来年都内でホタルを見ようかなと思っている方、
椿山荘のホタルの方が放し飼いっていうのか
普通に庭園内の小川に放してあるので
椿山荘の方がいいと思います。



e0260067_23474724.jpg

ホタルの幼虫を育てている水槽。




e0260067_2350187.jpg

飼育されているのはゲンジボタルとヘイケボタル。
この二つの違いは
ゲンジボタルが大きくてヘイケボタルが小さい。
光り方が頻繁に点滅するのがヘイケボタル、ゆっくり点滅するのがゲンジ。

名前の由来が気になったんですが
諸説あって源氏物語の光源氏から取ったという説や
源平合戦の「源氏」と「平家」からの由来という説等があるようですが
現在ちょうどNHK大河ドラマ「平清盛」が放送されているので
タイミング的にも源氏平氏説に一票です。
[PR]
by tokyokaiyu | 2012-07-16 00:02 | イベント・催事
<< ほおずき市 神楽坂 椿山荘でホタル鑑賞 >>